www.iu330.org

-

-

今回は為替におけるベーシックな要素についてのお話をしたいと思います。為替市場というものは「自分で金の送らない場合でもお金のやり取りの趣旨を果たすもの」を言います。為替の市場といえば外為を言っているというケースが多いです。国際の為替を簡潔に説明すると国と国の金銭のやり取りを示します。海外へ旅行(シンガポール、台湾、タイ、米国)などしたことがあれば当然外為の経験をしたことがあります。近くの銀行にて外国の貨幣と交換するならばそれは外国の為替にあたります。為替市場といえば買おうと思っている人と売る人の価格を示したものです。銀行間の取引の末に決まってくるものです。その銀行とはマーケットメイカーと言われている世界の複数の銀行です。為替の相場は周りからの働きかけを受けつつもなお休むことなくリアルタイムに変動して行きます。相場を変動させて行く引き金というのはファンダメンタルズがあります。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済の動き、経済の基本や条件のことです。国ごとのGDP成長率や景気状態、金融緩和政策、外国取引の収支、失業率、重要人物の一言等々の原因が関係して為替レートは変動します。国際収支や失業者の割合は重大と言われます。貿易収支とは何か日本の中では省庁(外務省)の用命で日銀が輸出入統計をベースとして書いた外国とのある日数の取引を記載したものです。経常収支は中央官庁や日本銀行のホームページ等で知ることができます。雇用者の統計・失業者の割合も肝心となることが多い原因であると言います。ひときわ米国労働者の統計は重要とされます。月次で公示され、検証の内容が幅広いところがポイントです。為替相場の動きは経済の推移と言えるでしょう。各国の経済の動向を知ることで為替の相場の変動の把握が可能であると言えるのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iu330.org All Rights Reserved.